ママ・パパ編

  • 子どもを連れて仕事探しができる場所はありませんか?

    ハローワークに子育てをしながら「働きたい」パパ・ママを応援するコーナーがあります。
    「マザーズハローワーク」、「マザーズコーナー」は、お子様連れでも、安心して相談ができる窓口です。
    お子さまを遊ばせながら仕事さがし、就職の相談ができますので気軽に利用できます。

    ★仕事と子育ての両立を目指す専門ハローワーク

    マザーズハローワーク静岡 〒420-0853
    静岡市葵区追手町5-4アーバンネット静岡追手町ビル1階
    TEL:054-275-3010
    FAX:054-250-8601
    JR静岡駅北口徒歩5分 平日8:30~17:15
    土日・祝日(休)
    子育て中の就職活動のお手伝いをします!
    こんなニーズにおこたえします!
    ・子どもを連れて仕事探しができる場所はないかしら?
    ・子育てと家庭と両立できる仕事はあるかしら?
    ・今は子育て中だけど将来働くために今から情報収集をしておきたい。
    ・子育てしながら働くには、どんな準備が必要なのかしら?
    ・出産子育てなどを機に仕事をやめたけどそろそろ仕事をしたい。
    ・出産子育てで、仕事のブランクがあるけれど再就職できるかしら?
    お子さま連れのかたも安心です!
    こんなサービスを提供しています!
    ・キッズコーナーがありますので、お子さまを遊ばせながら仕事さがし、就職の相談ができます。
    ・ベビーカー同伴でも気軽に利用できるスペースを確保しています。
    ・授乳室があります(静岡、浜松のみ)ので、乳児を連れての利用も安心です。
    ・お子さまをだっこしながら、一緒での相談も大丈夫です。
    ・専用の求人探索機がありますので、他の方に気兼ねせず利用できます。
    ・相談の担当者を決めたり、日時を予約しての相談もできます。
    ・子育てや家庭と両立しやすい仕事の情報を用意しています。
    ・子育て支援サービスや保育関連の情報の提供・相談ができます。
    ・再就職に役立つセミナーを開催しています。(セミナー時の託児要相談)
    企業の採用活動を応援します!
    企業の採用活動の相談も承ります。
    ・子育てや家庭と両立しやすい求人の情報を発信しています。
    ・女性労働力の活用を検討されている企業、次世代支援にご理解頂いている企業の採用活動を支援いたします。お気軽にご相談ください。

    これから働くことを検討している子供のいる女性向けセミナー「マザーズセミナー」

    しずおかジョブステーションでは、「すぐには働けないけど、これから働くために今やっておくことって?」そんなご相談に女性の専門相談員がサポートしてくれます。もちろんすぐに働きたい方のご相談もできます!
    セミナーでは“在宅ワーク”や“起業”など子育て女性にマッチした働き方セミナーや、ガイダンス(「スキルチェック」や「適性診断」から「保育園相談」「マネープラン相談」など様々なお役立ちブースなども出展します!
    お子様連れでの参加も大丈夫です

    しずおかジョブステーション

     

  • 子どもの体験学習の場をさがすのに参考になるサイトを教えてください

    静岡県教育委員会が作った、生涯学習情報発信システム「まなぼっと」を紹介します。

    https://www.manabi.pref.shizuoka.jp/

    幼稚園や学校のお休みをつかった体験や企業、博物館、NPO法人などが企画する子ども向けの学習情報やイベント情報をさがすことができます

    キャプチャ

    焼津市内のイベント情報や親子講座など身近な体験は「とまとぴあ」のイベントカレンダーもご利用ください。

    http://tomatopia-yaizu.com/

  • 保護者が自動車事故に遭った場合の、経済的支援策はありますか

    独立行政法人 自動車事故対策機構 静岡支所 にご相談ください。

    電話番号:054-687-3421 (主に、火曜日 9時~16時 )

    E-mail:shizuoka-soudan@nasva.go.jp

    ホームページ:http://www.nasva.go.jp/sasaeru/seikatu.html

    ※独立行政法人 自動車事故対策機構についてはこちらをご覧ください
    キャプチャ友の会・貸付のお知らせ ←クリックすると拡大します

     

  • 子育て優待カードについて教えてください

    子育て優待カードって?(概要)

    子育て優待カードを県内の協賛店舗で提示すると、お店や施設ごとに決まった『応援サービス』を受けることができるというものです。

    お店の情報は協賛店舗検索システムからごらんいただけます
    キャプチャ
    http://shoushika.pref.shizuoka.jp/

    しずおか子育て優待カード

    ※妊娠中または18歳未満の子どもを同伴した人が対象です。

    キャプチャ

    協賛店はステッカーやのぼりが目印です。 

     

     カードはどこでもらえますか?/子育て優待カードを失くしてしまいました

    子育て優待カードは、市民課、児童課、健康増進課、大井川市民サービスセンター、市内各公民館で配布をしています。
    手続き等は不要ですので、お近くの窓口で声をかけてください。

     お問い合わせ

    焼津市こども未来部子育て支援課 054-626-1137

  • 不用品活用バンクについて教えてください

    ご家庭でいらなくなった日常生活用品で、「うちではいらないけれど、捨ててしまうにはもったいない!」というものがありませんか?
    それを必要としている人にゆずっていただければ、物の命もよみがえります。そういう時は不用品活用バンクをご利用ください。

    無料での譲渡が条件です。ゆずってほしいという登録もできます。
    なお、利用できるのは焼津市民の皆さんです。

    <利用方法>

    ゆずりたい人とゆずってほしい人は、お電話、電子申請または直接窓口で登録をお申し出ください。登録は無料です。
    ゆずりたい人とゆずってほしい人の条件が一致したときに、ゆずってほしい人にゆずりたい人をご紹介します。その後ご本人同士で交渉し、その結果を1週間以内に市民相談課へお知らせください。交渉の結果、条件があわないようでしたら、遠慮なくお断りをして結構です。
    斡旋取引の協議や取引における苦情などの問題は当事者双方の責任で行なってください(市は一切責任を追えません)。

    <登録対象商品>
    不用品活用バンクにおいて登録の対象となる品物は再利用可能な品質が確保され、再利用することができる物です。

    受付できない物もあります。詳細は焼津市ホームページをごらんください

    <利用にあたっての注意事項>

    • ・無料での譲渡が条件です。
      ・換金を目的とした譲渡はお断りします。
    • ・お1人1回のお申込みについて、原則2品目とし、1品目につき1点ずつ斡旋します。
    • ・登録期間は1カ月です。
      ・登録期間を過ぎると登録を抹消します。再登録を希望する人はご連絡ください。
    • ・登録した品物は自宅で1カ月間保管してください。
    • ・電子申請の受付には約1週間程かかります。ご紹介は先着順の為、お急ぎの方は電話又は窓口にてご連絡ください。

    登録内容を知りたい人は広報やいづに登録されている品物を掲載します。

    同時に市役所本館の2階入口前の掲示板に掲示します。

    <お問い合わせ>
    焼津市市民部くらし安全課

    住所:郵便番号425-8502 静岡県焼津市本町5-6-1(市役所アトレ庁舎1階)
    電話番号:054-626-1131
    ファクス番号:054-621-0034
    Email:kurashianzen@city.yaizu.lg.jp

  • 子どもを思わぬ事故がら守るための情報がほしいです、どうしたらいいですか?

    子ども安全メール from 消費者庁

    消費者庁が、メール配信サービス「子ども安全メールfrom消費者庁」を行っています
    主に0歳~小学校入学前の子どもの思わぬ事故を防ぐための注意点や豆知識を、毎週木曜日に届けられます。携帯及びパソコンで、情報提供されていますので、お子様の事故を予防するために、是非ご活用ください。
  • ひきこもり・不登校などで悩んでいる子どもやその家族を支援する機関を教えてください

    静岡県には、ニート・ひきこもり・不登校などで悩んでいる子ども・若者やその家族を支援する機関がたくさんあります。

    静岡県教育委員会事務局社会教育課発行のふじのくにi(アイ)マップでは、支援団体や支援機関がどこにあるのか、どのような支援に取り組んでいるのかを整理し紹介していますのでご覧ください。

    キャプチャ

  • 子どものいる家庭での地震対策についてアドバイスをお願いします

    9月1日は防災の日。
    皆さんは、地震が起きた時どうするか、家族で話し合ったことはありますか?

    子どものいる家庭での地震対策について、焼津市危機対策課にお話を伺いました。pickup0901-01

    (写真は焼津市消防防災センターの防災学習室。誰でも無料で利用することができます。詳しくはこちら。)

     

     

     

     

     

     

     

     

    食料は3日分で足りる?「非常持出品」と「備蓄品」のチェックを

    災害時の備えと言っても、具体的には何をどれだけ用意すればいいのでしょうか。
    まず「非常持出品(避難する際に持っていくもの)」と「備蓄品(救助物資が届くまでの数日間を自活するためのもの)」に分けて考えることが必要です。下記のイラストを参考に、皆さんのご家庭に必要な備えを確認してみましょう!(画像をクリックすると拡大されます。)

    非常持出品

    ■非常持出品■
    避難行動に支障が出ないよう、できるだけ軽くする。
    成人男性で15kg、女性で10kg程度が目安です。
    ※赤ちゃんや子どもがいる場合は、粉ミルクや紙オムツ、携帯用トイレ(トイレを我慢できない子どものために)、おくすり手帳(特に子どもは大人と同じように薬を使えない場合もあるので必要)等があると良いでしょう。
    ※携帯電話とラジオは情報入手の手段として大変重要。災害時も持続して使えるよう、電池や手回し式充電器等の準備をしておきましょう。

    備蓄品

    ■備蓄品■
    食料と水は、家族が7日間暮らせるだけ用意することが推奨されています。
    ※食料品はすべてを防災食で用意する必要はなく、カップ麺や缶詰、菓子などでも。7日間買い物に行けなくても家族が暮らせ る食料が常に家の中にあると安心。
    ※キッチン用ラップは、食器に敷いて使えば洗わずに済むので便利。擦り傷ややけど治療にも使えます。
    ※新聞紙は衣類の間に挟めば、体を寒さから守ることができます。
    ※ガムテープは様々な物の補修に使えます。紙より布の方が破れにくい。

    防災グッズとしてアウトドア用品も活用することができます。例えば照明器具。頭に付けるタイプのLEDライトがあれば、暗闇でも両手を使って作業できます。非常持出品をパッキングするリュックも、動きやすく疲れにくいアウトドア用が便利。コンロや鍋もアウトドア用のものが利用できます。キャンプ等で使ったことがあればいざと言う時も安心ですね。

     

    大切なのは普段からの話合い。子どもと一緒に避難ルートの確認を
    もし、家族が別々の場所にいるときに地震が起きたら…。
    そんな時のために、「地震が起きたら、どのルートを通ってどこへ避難するか」を確認しておきましょう。避難地図に書き込んだり、子どもと一緒に避難ルートを実際に歩いてみるのもいいですね。日頃から家族で話し合っておけば、いざと言う時にもお互いを信じて、たとえバラバラになっても避難することができます。
    保育園や幼稚園等に通う小さな子どもがいる場合は、通っている園に地震が起きた際の「避難場所」「安否確認の方法」を確認しておきましょう。

     

    乳幼児を連れての避難。周りに助けを求めよう!
    日中、小さな子どもとお母さんだけで家に居る時に地震が起きたら…。
    お母さん1人で赤ちゃんを抱っこして、小さな子どもの手を引き、さらに非常持出品の入った重いバッグを持って避難しなければならないケースも十分に考えられます。そんな時は、迷わず周りの人に声をかけ、助けを求めて下さい
    しかし非常時とは言え、いきなり知らない人に声をかけるのは難しいかもしれません。日頃から近所の人に協力をお願いしておき、気軽に声をかけられる人がいるといいですね。そのためにも地域の防災訓練には是非家族で参加するようにしましょう。

     

    市からの防災情報は、同報無線とやいづ防災メールで
    地震が起こったとき、頼りにしたいのが地域の防災情報。焼津市では、同報無線やいづ防災メールで情報発信をしています。
    同報無線(「こちらは、広報焼津です」で始まる放送)は、電話でもう一度同じ情報を聞くことができるサービス(電話番号054-656-2727)があります。直近に放送された2回分の内容を聞くことができます。通話料金が掛かります。
    やいづ防災メールは平成24年から始まったサービスで、地震や気象情報、避難勧告などの災害に関する情報をメールで受け取ることができます。登録方法はこちら

     

    焼津市では、その他にも様々な地震対策を行っています。その一例を紹介すると、

    ・家具の転倒防止器具の取付サービス(家具3台まで無料で行ってくれる。申込み方法はこちら。)
    ・無料耐震診断、耐震補強工事の補助(昭和56年5月以前に建築された木造住宅が対象)
    ・市内全域を対象とした防災訓練を年に3回実施、小中学校では年に10回の避難訓練を実施)
    ・津波避難タワーの建設(平成26年3月末までに21基を設置)
    ・津波からの緊急一時避難先の確保(市内212施設の津波避難協力ビル)
    などがあります。

    また、焼津市危機対策課では防災に関する出前講座も実施しています。
    10人以上のグループで申込みできますので、子育て中のお母さんの集まりやご近所の皆さんと利用してみてはいかがでしょうか。

    お問い合わせは焼津市危機対策課(054-623-2554)まで。


    以上を参考にぜひ地震への備えを再確認し、お子さんと一緒に避難場所や避難ルートについて話し合ってみてください。

  • ファミリーサポートセンターについて教えてください

    子育て家庭(依頼会員)でちょっとした子育てのお手伝い(用事ができたので子どもを預かってほしい、幼稚園や保育園の送迎をしてほしいなど)が必要になったとき、あらかじめ登録をした会員(提供会員)が保護者のお手伝いをします。

    ファミリーサポートセンターチラシ表

    ファミリーサポートセンターチラシ裏

    <利用方法>

    利用の際には、事前に会員登録をする必要があります。登録はファミリーサポートセンターで随時受け付けています。

    • 依頼会員:ちょっとした子育てのお手伝いを必要とする人で、0歳から小学校6年生までのお子さんのいる人
    • 提供会員:心身ともに健康で、子育てのお手伝いをしたい市内在住の人
    • 両方会員:依頼会員・提供会員の両方を兼ねる人

    (注)依頼会員として登録するためには、①証明写真程度(約3センチ×2.4センチ)の保護者の顔写真、②家族のスナップ写真、③子どもの健康保険証の番号・かかりつけ医の電話番号のメモ、等をお持ちください。
    (注)提供会員として登録するためには、同センターで開催する研修を受講する必要があります(保育士などの資格をお持ちの人は、一部免除になる科目があります)。提供会員養成講座のご案内は、こちらをご覧ください。

    ※平成26年4月より利用料の助成金交付事業が始まりました。対象者は申請が必要です、くわしくはこちらをご覧ください

    焼津市ファミリー・サポート・センター利用料助成金交付要綱(PDF:171KB)

    <助成の対象者>

    焼津市ファミリー・サポート・センターの依頼会員(または両方会員)で、援助活動日において市内に住所を有し、かつ住民基本台帳に記録されている方

    <助成金の額>

    依頼会員(または両方会員)が提供会員に支払った利用料の2分の1の額

    キャプチャ

     

     

     

     

     

    <その他>
    児童扶養手当を受給している方(またはそれに準ずる方)を対象とした、焼津市ファミリー・サポート・センターひとり親家庭等利用料助成金交付事業もあります。

    対象者や申請方法等は、こちらをご覧ください。

    <お問合せ>
    焼津市ファミリー・サポート・センター

    焼津市総合福祉会館2階子育てサポートルーム内(焼津市大覚寺630番地)
    電話番号(ファクス兼用):054-620-3339
    開館時間:午前9時~正午、午後1時~5時
    休館日:第3日曜日、祝日、年末年始

    ※受付時間午前9時~正午、午後1時~5時(毎週日曜日、祝日、年末年始はお休みです)