妊娠・出産

妊娠したかな?と思ったら

妊娠初期は、つわりや早産、流産などのトラブルが起こりうる状態です。お母さんと赤ちゃんの健康のために、妊娠の兆候があったり、市販の検査薬で陽性の反応があった時は、なるべく早く産婦人科を受診しましょう。

妊娠したとき

母子手帳(母子健康手帳・妊婦健康診査受診表の手続き)

母子健康手帳は、お母さんと赤ちゃんの健康を守るために、健診結果や予防接種などの記録に使用するものです。
病院へ行き、妊娠が確定したら、早めに届出して母子健康手帳を受け取りましょう。
また、母子健康手帳と一緒に、妊婦健診のための助成券を受け取ることができます。
健やかな妊娠、出産のために、妊娠中は必ず医療機関などで健康診査を受けましょう。

※里帰り出産などで県外の医療機関に受診する場合、助成券が使用できないことがありますが、その場合は、出産後に償還払いによる費用の給付を受けることができます。

届出窓口・問い合わせ先
住所 〒425-0035 静岡県焼津市東小川1-8-1
(保健センター1階)
TEL 054-627-4111
E-mail kenko@city.yaizu.lg.jp
持ち物 妊娠届出書(妊娠の診断を受けた病院で発行してくれます)

子育て優待カード

しずおか子育て優待カードを、18歳未満の子どもを同伴した保護者または妊娠中の方が協賛店舗・協賛施設で提示すると、店舗・施設ごとに決められた「応援サービス」を受けることができます。

子供が生まれたとき

子どもが生まれると、出生届から児童手当や医療費助成など、色々な手続きをすることになります。申請が必要で、期間が決まっているものもありますので、手続き・申請は早めに、忘れず行いましょう。

出生届の手続き

出生届を提出すると、子どもの氏名や生年月日などが戸籍や住民票に記載されます。
住民票は児童手当や子ども医療費受給者証などの基礎資料になりますので、子どもが生まれた時はなるべく早く出生届の手続きを済ませましょう。

手当・助成等

出産育児一時金
焼津市の国民健康保険の加入者が出産したとき、世帯主に出産育児一時金が支給される制度です。

児童手当
児童を養育している家庭の生活の安定と、次代の社会を担う子どもの健全な成長のため、 児童を養育している人に手当を支給する制度です。児童手当を受けるには申請が必要で、申請が遅れると手当が支給されない月が発生する可能性があるので注意が必要です。

こども医療費助成
こどもが病気やけがをしたときに安心して治療が受けられるための支援制度です。子ども医療費受給者証は、申請した人にのみ発行されます。

不妊治療について

特定不妊治療費助成

子どもを欲しいと望んで特定不妊治療を受けている夫婦に対して、治療費用の一部を助成する制度です。
※「特定不妊治療」とは、不妊治療のうち保険適用外となる顕微受精を含む体外受精のことです。

一般不妊治療費助成

一般不妊治療(人工授精)の治療費の一部を補助する制度です。

男性不妊治療費助成

特定不妊治療に至る過程において行われた男性不妊治療の治療費の一部を補助します。