出生届(子どもが生まれたとき)

出生届(子どもが生まれたとき)の手続き

出生届を提出すると、子どもの氏名や生年月日などが戸籍や住民票に記載されます。
住民票は児童手当や子ども医療費受給者証などの基礎資料となります。子どもが生まれたら、なるべく早く出生届の手続きを済ませましょう。

いつまでに提出しますか?(提出期限)

出生の日を含めて14日以内(国外で生まれたときは、3カ月以内) (期間の末日が市役所の閉庁日に当たる場合は、翌開庁日まで)

※国外で生まれたときは、3カ月以内に現地の大使館(領事館)又は本籍地の市区町村役場に出生届とともに、「国籍留保届」をしないと日本国籍を失う場合があるので、注意が必要です。

届出には何が必要ですか?(持ち物)

  1. 出生届(出生証明書と一体になっており、出産した病院や助産院でもらえます) 出生届記載例(PDF:809KB)
  2. 母子手帳(里帰り出産などで手元にない場合は、後日持参も可能です)
  3. 届出人の印鑑(スタンプ印不可)

※国外で出産した場合などで出生証明書が外国語で作成されているものについては、翻訳者を明らかにした訳文の添付が必要です。

注意事項

  • 子の名前の文字は、常用漢字、人名用漢字、ひらがなまたはカタカナを使用します。 ただし、繰返し記号「々、ゞ、ゝ」は使用できます。
  • 児童手当や子ども医療費受給者証などに関する手続きも、別途必要になります。

    子の名前に使える漢字はこちら( 外部サイトへリンク )

誰が届出すればいいですか?(届出人)

届出できるのは、戸籍法で定められた次の人です。 ただし、届出義務者または届出資格者が自署押印した出生届を、代理人が窓口に提出することは可能です。 (例)届出義務者である父が記入済の出生届を、祖父母が提出に行く場合など。ただしその時に届書に訂正が必要となった場合には、その場での届出ができず、再度窓口に行かなければならないことがあるので、注意が必要です。

届出義務者(届出しなけらばならない人)
  1. 父または母
  2. 父母が法律上の婚姻をしていない場合は、母
届出資格者(届出義務者が届出することができない場合)

次の順位で、届出をしなければなりません。

  1. 同居者
  2. 出産に立ち会った医師、助産師など
注意

届出人欄に署名、押印する人は上記の届出人であり、実際に窓口に届書を提出する人ではありません。

どこに提出しますか?(提出窓口)

窓口の取扱い時間

【月曜日から金曜日(年末年始および祝休日を除く)の午前8時30分から午後5時15分まで】

  • 焼津市役所市民課(本館2階2番窓口)
  • 大井川市民サービスセンター(大井川庁舎1階)

【休日や時間外(上記以外の時間)】

焼津市役所当直室(本館2階)
大井川庁舎当直室(大井川庁舎1階)

※休日や時間外に届出をした場合は、母子手帳への出生証明書の記載ができません。開庁日に再度窓口へ行く必要があります。

お問い合わせ

※手続きについて詳しく知りたいときは、下記窓口にお問い合わせください。

焼津市市民部市民課
〒425-8502 焼津市本町2-16-32(焼津市役所本館2階)
電話番号:054-626-1116
ファクス番号:054-626-2183
Email:shimin@city.yaizu.lg.jp
 
ダウンロードはこちらから(色の付いたボタンをクリックするとダウンロードが始まります)
  • Word
  • Excel
  • PDF