男性不妊治療

男性不妊治療

焼津市男性不妊治療費助成金交付について

焼津市では、少子化対策の一環として、不妊治療を受ける夫婦の経済的負担を軽減するために、特定不妊治療に至る過程において行われた男性不妊治療の治療費の一部を補助します。

平成28年1月1日以降の申請から、個人番号(マイナンバー)の記入が必要となり、申請書の様式が変更となりました。
申請時に本人確認として、来所者の個人番号カード(個人番号カードがない場合は、通知カード及び運転免許証などの身分証明書)をご持参ください。

1.助成対象

特定不妊治療に至る過程の一環として行われる精巣内精子生検採取法(TESE)、精巣上体内精子吸引採取法(MESA)その他精子を精巣または精巣上体から採取するための手術等。

2.対象者

男性不妊治療を受けた夫婦であって、次の要件のすべてに該当する場合。

  • 法律上婚姻をしている夫婦
  • 申請日において夫又は妻が1年以上焼津市内に住民登録をしている夫婦
  • 焼津市特定不妊治療費補助金交付要綱に規定する事業による助成を併せて受ける夫婦
  • 当該補助に係る治療期間の初日における妻の年齢が43歳未満である夫婦

3.所得制限

所得制限なし。

4.助成額

1回の治療につき、次の額とし、105,000円を上限とする。

(保険診療外男性不妊治療費(個室料、文書料を除く)-付加給付額)×7/10

助成回数

年度内3回、通算10回まで

提出書類

  1. 焼津市男性不妊治療費補助申請書(第1号様式)(平成28年1月1日より)(PDF:122KB)
  2. 男性不妊治療受診等証明書(第2号様式)(PDF:83KB)
  3. 男性不妊治療に係る医療機関発行の領収証およびその写し
  4. 夫及び妻の戸籍謄本又は戸籍全部事項証明書(外国人にあっては、公の機関が発行した書類(法律上の婚姻をしていることの確認ができるものに限る。)
  5. 夫及び妻の住民票の写し
  6. 夫及び妻の所得額を証明する書類(住民税課税証明書)
  7. 特定不妊治療受診等証明書の写し
    1年以上焼津市に住民登録があり、焼津市で住民税が課税されている方は、個人番号の記入により、6の証明の提出が省略できます。

申請期間

特定不妊治療の終了した日の属する年度の末日(1~3月に治療を受けたときはその終了日から90日を経過する日まで
申請期間を過ぎてしまうと受付ができませんので、早めに申請をしてください。

お問合せ

所属課室:焼津市健康福祉部健康増進課
住所:郵便番号425-0035 静岡県焼津市東小川1-8-1(保健センター1階)
電話番号:054-627-4111
ファクス番号:054-627-9960
Email:kenko@city.yaizu.lg.jp

 

ダウンロードはこちらから(色の付いたボタンをクリックするとダウンロードが始まります)
  • Word
  • Excel
  • PDF