児童扶養手当

児童扶養手当

父母の離婚などにより、父または母と生計を同じくしていない子どもを育成する家庭の生活の安定と自立の促進に寄与し、子どもの福祉の増進をはかることを目的として、支給される手当です。
詳しくは、ひとり親家庭への各種支援制度のページをご覧ください

受給資格

次のいずれかの状態にある児童を扶養する父または母または養育者に支給されます。※本人および同居の家族の所得制限があります。

1、父母が離婚した児童
2、父または母が死亡した児童(請求者または児童が公的年金を受けられる場合は、対象になりません)
3、父または母が重度の障害を有する児童(児童が父または母の公的年金の加算対象になっている場合は、対象になりません)
4、父または母の生死が明らかでない児童
5、父または母から引き続き1年以上遺棄されている児童
6、母が婚姻によらないで懐胎した児童
7、父または母が1年以上拘禁されている児童

児童扶養手当と公的年金等との併給制限の見直されました

これまで、公的年金等を受給できる場合は児童扶養手当を受給できませんでしたが、2014年(平成26年)12月からは、公的年金等を受給していても、年金等の額が児童扶養手当額よりも低い場合には差額分の手当が受給できるようになります。

詳しくは、児童扶養手当と公的年金等との併給制限の見直しに関するページをご覧ください

制度改正の詳細については下記のリンク先をご覧ください。

手当額

2017年(平成29年)4月分から児童扶養手当額が変わりました。

※支給要件や手当額などを詳しく知りたいときは、子育て支援課にお問合わせください。
※離婚した児童の父または母からの「養育費」の一部は、所得に含まれます。

申請方法/問合先

ご家庭によって状況が様々ですので、児童扶養手当の申請は、まず下記窓口へお問い合わせください。

焼津市こども未来部子育て支援課
〒425-8502 焼津市本町5-6-1(市役所アトレ庁舎1階)
電話番号:054-626-1137
ファクス番号:054-626-2187
Email:kosodate@city.yaizu.lg.jp
ダウンロードはこちらから(色の付いたボタンをクリックするとダウンロードが始まります)
  • Word
  • Excel
  • PDF